フェアトレード

ボランティアの募集について【当法人でボランティアを検討されている方はご一読下さい】

コブルでのボランティアに興味を持って下さりありがとうございます。
現在、当法人ではひきこもり支援事業とフェアトレード事業を行なっており、どちらもボランティアを募集しております。(ボランティア募集の人数には限りがありますので、タイミングによってはお断りする場合があります)

ボランティアの条件は「当法人の活動や考えに賛同し、他者を尊重できる人」です。

ボランティアの内容は主に下記の通りで、やってみたいことを選んでいただいております。
(ただし業務内容の兼ね合いで、別の項目も一緒にお願いする場合があります)

フェアトレード事業
・フェアトレードショップ運営に関わる業務補助(商品管理、仕入れ、店舗の清掃など)
・カフェ運営に関わる業務補助(調理、接客、会計、コーヒーに関わる作業、店舗の清掃など)
・イベント出店に関わる業務補助(イベント準備、当日運営スタッフなど)

ひきこもり事業
・居場所の運営補助(受付、清掃、居場所にいる人の話を聞いていただいたりします)
・訪問支援スタッフ(ひきこもり当事者の家に訪問し、お話や余暇活動などをします)
・余暇支援スタッフ(料理教室、手芸など自分の得意を活かしてみんなで楽しみます)
・生活支援スタッフ(一人暮らしのひきこもりの人を訪問し、部屋の清掃など生活に関わるお手伝いをします)
※現在は事務所の移転中で、居場所や事務所のリフォーム作業が主なボランティア内容となります。

どの項目に関しましても未経験で大丈夫です。こちらでできる限り丁寧にお教えします。

やってみたいな、と思って下さった方は「問い合わせ」のフォームからお申し込み下さい。特に性別や年齢制限などはございません。面談の日程を調整させていただき、詳しい内容をお伝えします。その上でボランティアをするか判断していただければ結構です。

よくある問い合わせに
「私自身もひきこもっていた時期があり、今も心療内科へ通院しています。カウンセラーになりたいこともあって、ひきこもりの人と関わる経験がしたいのですが・・・」
というような内容があります。

この場合、まず主治医から「人の心に寄り添うボランティアをしていいよ」と許可を得ているか確認をさせていただきます。ご自身がひきこもっていた経験があるだけに、ひきこもりの人の気持ちを我が事のように感じて調子を崩してしまう場合があるからです。

せっかくボランティアをするなら、楽しんでいただきたいと思っております。
いろんな経験をするのがボランティアの醍醐味なので、その中につらい経験があってもいいのかなぁとも思いますが、ちょっと考えあぐねています・・・。

難しいことをいいましたが、業務自体はそこそこフワッとしていてテキトーな感じなのでお気軽にどうぞ〜。

関連記事